いよいよ年の瀬(2017/12/11)号

寒くなってまいりました。いよいよ冬。年の瀬。そして年越し。
一方、南半球はこれから夏。「ボルボオーシャンレース」は第3レグ(ケープタウン-メルボルン)がスタートしました。
海外レース情報は→こちらから。

12月10日(日曜日)1200の天気図
tenki.jp より



JSAF・全日本など

JSAF 日本セーリング連盟
 updated on 2015/11/21

日本セーリング連盟(JSAF)ルール委員会から、2017年度のジャッジクリニックの開催地を募集しています。
»Click

updated on 2017/12/04


JSAF総務委員会から、「年会費支払いと会員管理システム改善について」。
»Click(pdf)


JSAF事務局は、
仕事納め :平成29年12月27日(水)14:00
仕事始め :平成30年 1月 5日(金)9:30
となっています。
»Click(pdf)


JSAF外洋計測委員会 ORC委員会
 updated on 2017/12/05

JSAF外洋計測委員会 ORC委員会から、「2017 ORC EUROPEAN CHAMPIONSHIP」(2018/9/8~9/15:キプロス、リソマール開催)受け付け開始の記事がリンクされています。
»Click


JSAF外洋安全委員会
updated on 2017/12/08

JSAF外洋安全委員会から、「外洋特別規定クリニック」(2018/2/4:福島県小名浜開催) のお知らせです。
»Click(pdf)


日本J24クラス協会
updated on 2017/12/05

「2017年度日本J/24クラス協会定時総会」(11/24:和歌山開催)の議事録です。
»Click(pdf)


日本障害者セーリング協会
updated on 2017/12/08

日本障害者セーリング協会(PSAJ)理事の「半田行正さん厚生大臣表彰を受け天皇陛下に拝謁」の記事です。
»Click


日本マッチレース協会 
updated on 2017/12/08

「第7回 JYMA選抜 大学対抗&U25ヨットマッチレース大会」共同主催:日本ヨットマッチレース協会、/ユニマットプレシャス/、/マリーナ東海/(2018/3/2~3/4:愛知県マリーナ東海開催)のインビテーションリクエストは締め切られました。
»Click

レース公示は→こちら(pdf)

東京湾~以北

東京ヨットクラブ
updated on 2017/12/04

東京ヨットクラブTYCレース、2017年間表彰式(12/2開催)の様子です。
»Click

忘年会の様子は→こちら


demo横浜クルージングクラブ
updated on 2017/12/09

横浜クルージングクラブ、クリスマスパーティーです。
»Click


相模湾

葉山マリーナヨットクラブ
updated on

「クリスマスレガッタ ONESAILS CUP 2017」主催:葉山マリーナヨットクラブ(12/10開催)は、16艇が出場し、2レースが行われ、

優勝〈PAPILLON〉(K-36-侍)

となりました。
»Click(pdf)



レース公示は→こちら(pdf)
帆走指示書は→こちら(pdf)


江ノ島ヨットクラブ
updated on 2012/1/1

「2017 イルミネーションカップ 江の島キールボートチャンピオンシップ #11」主催:江の島ヨットクラブ (12/10:神奈川県湘南港開催)の帆走指示書がアップされています。
»Click


中部・東海

今週は更新情報が無かったようです。

関西・内海

demoJSAF外洋内海
updated on 2017/12/04

「2017 ヨットマンの集い」(12/1:大阪開催)が開催されました。
»Click


関西ヨットクラブ
updated on 2017/12/10

関西ヨットクラブ「ポイントレース WHITSAIL」の年間総合結果は、25艇がエントリーし、

優勝〈KEY WEST〉(FARR34)川端安彦オーナー

となりました。
»Click(pdf)


updated on 2017/12/01


関西ヨットクラブ「平成30年 新年会員の集い」(2018/1/27:大阪、梅田開催)のお知らせです。
»Click


demoJSAF外洋西内海
updated on 2017/12/04

JSAF外洋西内海「2017年度ポイントレース」は9戦が行われ、年間成績は、

BWクラス (5艇エントリー)
優勝〈WING〉(FARR 10.20)

ORCCクラス (6艇出場)
優勝〈KINE KINE 11〉(IMX 40)

IRCクラス (6艇出場)
優勝〈KINE KINE 11〉(IMX 40)

となりました。
»Click(pdf)



レース公示は→こちら(pdf)

九州・沖縄

demo福岡ヨットクラブ
updated on 2017/12/08

福岡ヨットクラブレース「2017年」(12/3開催)は、

第1レース (7艇出場)
1位〈ENTERPRISE〉(K-36)

第2レース(7艇出場)
1位〈Bambino〉(J-92/S)

第3レース(7艇出場)
1位〈Humming bird〉(Rodman42)

となっています。
»Click(pdf)



demoJSAF外洋南九州
updated on 2017/12/06

2018年JSAFカレンダーのお知らせです。
»Click

IRC2018更新に関する案内も、掲載されています。
»Click(pdf)


海外レース情報

海外レース情報

「ボルボオーシャンレース2017-2018」はいよいよ第3レグがスタートしました。

前回まではケープタウン(南アフリカ)からインド洋を北上し、アラブやインドといった国々を巡るまさに世界一周だったのですが、今回はインド洋はパス。南氷洋をひた走りメルボルン(オーストラリア)までの約6500マイルは「2005-06」以来のコース設定となります。

Leg-2と同じメンバー(男7+女2=9人乗り)で挑むのは〈ベスタス〉1艇のみ。

他は、

〈マフレ〉   男1人交代 男7+女2=9人乗り
〈ドンフォン〉 男2人交代 男7+女2=9人乗り
〈アクゾノベル〉男2人交代 男7+女2=9人乗り
〈ブルネル〉  男1人交代 男7+女2=9人乗り
〈スカリーワグ〉男1人交代 男7+女1=8人乗り
〈TTP〉 男2人、女1人交代 男5+女5=10人乗り

と、結構変更があります。

中でも、香港の〈スカリーワグ〉は、チームナンバーツーとも思われる、ナビゲーターのSteve Hayles(英:44歳)が艇を降りました。
これが6回目のVORで、ここ10年はマキシ〈スカリーワグ〉のナビゲーターを務めており、スキッパーDavid Wittにとっては片腕というポジションの人です。

実は、Leg-2で艇上から発進した動画がセクハラだとし、〈スカリーワグ〉のこの2人がRRS69条違反で第三者から抗議されていました。
「Misconduct charge against sailors dismissed」

記事中の「has been dismissed」は、インターナショナル・ジュリーによる審問の結果、棄却。という訳でいいのでしょうか。

といっても、どんな動画なのかが分からないと意味不明なので、探してみました。

で、→こちら

舵をひいているのがナビゲーターのSteve Hayles。

「グッドモーニング・ホンコン」みたいなモーニングショーがあるのでしょうか、そのオープニングの真似をしておどけているのがスキッパーのDavid Witt。香港ローカルのテレビ番組か?

最後に出てくる髭ヅラのドクター・クロッグス? なんか、そういう有名なキャラがいるのか? 志村けんみたいな。
そのあたりが分かると、このジョークの下品度がどの程度のものなのか、もう少し理解できると思うのですが。

そのドクター・クロッグス?役は、この艇ただ一人の女クルー、Annemieke Bes(オランダ:39歳)。
「スキッパーのお尻におできができたんだけど、どーしたらいいか、若い衆に教えてください」
というような質問で。答えあぐねていたBesに、スキッパーが「手振りで分かるぜ、こーして……」「ドヒャヒャ」みたいな感じ。

まあ、お上品ではないけれど、セクハラかといわれても、まあ、別に……。
で、has been dismissedなワケなんでしょうが。
このくらいのおふざけもいちいち審問されなければならないのでは、もう、以降、カタ真面目なレポートしか出てこなくなっちゃうかも。

たとえば、今月のこちらLog on Breezeの表紙写真は、

赤道通過を祝う〈アクゾノーベル〉艇上でのオフザケ写真ですが、こんなのも、セクハラ!と言われちゃうかもしれないのか? 

〈スカリーワグ〉のみが女1人ってところも絵ズラ的に難しいのか。
ちなみに、Annemieke Besは北京五輪の銀メダリスト。セーリングキャリアとしてはチーム内では最も格上か。
で、ドクター役なのか……。

イマドキのプロセーラーにはエンターテイメント性も求められるわけで。これ、なかなか難しい問題です。



艇団は〈ドンフォン〉、〈マフレ〉を先頭に強風上りの中、風を求めて南下中。
〈スカリーワグ〉も4番手に付けています。
»Click

大会ホームページは→こちら

2017/12/11 追記 ———————-

すいません。Leg-3のスタート直前に〈ドンフォン〉のベテランDaryl Wislang(NZ:36歳)が腰を痛めて艇を降りました。
代わりにFabien Delahaye(仏:33)が乗艇。
ということで、〈ドンフォン〉はこのレグ男3人が乗り変わっています。
»Click

2017/12/12 追記 ————-
問題の動画について、オーストラリアの友達に聞きました。

冒頭で、
「警告! この動画の内容はご覧になる公衆のほとんどの人々が不愉快になるようなものを含んでいます。」
的なお断りをしているんだそうな。聞き取れませんでした。すいません。

で、Dr.Clogsは、オランダの木靴(clogs)のことで、オランダ人のAnnemieke Besにひっかけているもよう。
調べたら、便秘なんて意味もあるんですね。
さらに、時節柄、サンタクロースのクロースにちょっと引っかけてるのかもよ、とのこと。
結構奥深いシャレなのかもしれません。

SUDOCREAMというのは商品名で、英連邦でも有名な軟膏なんだそうな。日本でいえばオロナイン軟膏みたいな感じで。誰もが知ってる、みたいな。

今週末は




今週末、
ヨットレースのスケジュールとしては、いよいよ2017年最後となりそうです。

・伊東園ファイナル
  ニッポンセールトレーニング葉山

・小網代フリートレース
  三浦外洋セーリングクラブ

となっています。



文中、/~/で括った団体名は、日本セーリング連盟非加盟団体の意味です。加盟団体との混乱を避けるために記載してあります。これまでは非加盟団体名は記載しないようにしていたのですが、これはこれで混乱するのでこのようにしてみました。
詳しい編集ポリシーは→こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です